アクサ損害保険 評判と口コミ

1817年、フランスに生まれたアクサ損害保険は、

「保険とそれに関連する金融サービス」に焦点を絞って

事業を展開してきた会社です。


世界50ヶ国で5000万人のユーザーに支持される

世界最大級の保険・金融グループです。


アクサの評判はというと、値段が安いことが好評のようです。


続き →アクサ損害保険 評判と口コミ


三井ダイレクト損保 評判と口コミ

三井ダイレクト損保は、通販型の保険会社で

三井住友海上・三井物産が主要株主となって設立されました。


三井ダイレクト損保が安い理由は、支店や担当者にコストをかけずに

通信販売で保険募集をしているからなのです。


コスト削減で保険料を下げることが可能といわれると、

事故を起こした時の対応が悪かったりするのではないか

と不安になってしまいますが・・・


三井ダイレクト損保で契約している人の評判はどうなのでしょうか?

続きは→三井ダイレクト損保 評判と口コミ

インターネットで安い自動車保険の見積りをもらう方法



インターネットで自動車保険の見積りをもらえるサイトがあります


もちろん無料で、最大20社の保険会社の見積りをもらえますので
少しでも安い保険料で充実した補償の自動車保険を選びましょう。


ただ、入力内容が多いので5分〜20分くらいの
時間を考えておいてください。


一括見積りを行った私の自動車保険は、三井ダイレクトが一番安く

同じ補償内容で68.250円→43.930円になりました。


入力をする前に準備していただく物は

◆免許証
◆自動車検査証 (車検証)
◆現在の保険証券 (新規の場合は無くてもOK)


詳細→インターネットで安い自動車保険の見積りをもらう方法

中古車を購入する時の流れ

その1)手持ち金額を把握する。月々にクルマに使える金額を計算する 
      ・月々の維持費はいくら位必要か?


その2)インターネットや雑誌・お店で中古車の金額を調べる
      ・インターネットや雑誌でクルマを調べる

      
その3)家の近所の駐車場の金額を確認する
      ・安い駐車場の見つけ方


その4)保険金額を確認する
      ・任意保険には加入しましょう


その5)欲しいクルマのローンを計算してもらう
      ・あなたはお金を借りることが出来ますか


その6)任意保険の計算をしてもらう
      ・任意保険の月々の支払いや内容を確認する


その7)車種を練り直す 車種変更 年式や走行距離を妥協する
      ・欲しい車種を練り直す

その8)注文する
      ・中古車の値引き術


その9)ローンの申し込み(審査)をしてもらう
      ・お金を借りられるか確認する


その10)駐車場を決めて契約する
       ・駐車場を借りるときに必要な金額


その11)印鑑証明書 実印の準備
       ・印鑑証明書と実印を用意する


その12)登録の書類に記入 押印
       ・中古車を買う時に必要な書類


その13)納車日の確認と駐車場やローン申し込みの再チェック
       ・書類の記入漏れや納車日の確認を忘れずに


その14)納車の当日からの任意保険を申し込む
       ・クルマが納車される日に合わせて保険に加入する


その15)納車当日、クルマを確認する
       ・クルマの状態と保証について

詳細は→中古車購入 流れ

安く中古車を購入するコツ

あなたの予算ならどんな中古車が購入できるのでしょう?

中古車価格は、地域によって相場が違います。

北海道であれば雪道でも安心な4WDに人気が集中しますし、
首都圏なら軽自動車やコンパクトカーが良く売れます。

良く売れるクルマは、少々高くてもどんどん売れるので、
その地域の中古車相場は高くなります。

同じ車種や走行距離のクルマでも10万円以上違うのです

詳細は安く中古車を購入するコツ

カーバー・ワン

カーバー・ワンとは、ステアリング・ホイールの曲げ方やスピードなどに応じてカーブを曲がるときには車体を傾けて走行する自動車のこと

車体を45度まで傾けても倒れない構造になっています


バイクのように前後に二人が座る2シーターのスポーツカーで、車体を45度まで傾けても倒れない構造になっている

ボディサイズは全長3.40m、全幅1.30m、全高1.40mで、車輌重量は643kg、最高出力68bhp、最大トルク10.2kg、ダイハツ製660cc直列4気筒DOHCターボを搭載

最高速度は185km/h

新車の保証は引継ぎできますか?

新車を買ったときにメーカーから3年や5年の保証がついてきます

なぜ保証があるかというと、消耗品を除くパーツが正しい使用をしていたにもかかわらずに壊れてしまうことがあるからです

機械ですからしょうがないですね

新車から一年しか経っていない中古車を買ったりした場合は、保証継承することは可能です

必要なのはそのクルマの保証書があることが前提です

保証書があれば、そのメーカーの販売店で有料の法定12ヶ月点検を受ければ、2次保証として受付でき保証継承できます

保証書にもあなた(所有者)の名前が書き込まれます

国産車であれば、法廷12ヶ月点検の基本料は10.000円くらいまでですので、必ず保証の引継ぎは行いましょう

現金購入とローン購入はどちらが得?

基本的に、自動車の値引額の上限は決まっています

それ以上引いてくれるかどうかは、交渉次第・セールススタッフ次第になります

現金にしたほうが値引きが多いとか、ローンの方がたくさん値引いてくれるわけではありません

そんなに差がないのです

ただ、ローン(クレジット)を組んでクルマを買うのであれば、手数料(金利)が発生します

9.8%の年率で100万円を5年で返済すれば約25万円の金利を支払うことになるのです

結局は現金一括で支払う方がお得なのです

「ローンにすればさらに2万円引き」などと言ってくれるお店もありますが、現金が用意できるのであればぜひ現金でクルマを買いましょう

どのようにして中古車を探すのか?

中古車を買うときにはまずは雑誌やインターネットを使ってある程度の相場を確認します

自分の気に入った自動車を何車種かピックアップしておきます

まずは見た目や雰囲気で選んでください

その自動車を基準にして、実際に自動車を見に行った方が自動車を選びやすいでしょう

次に基準にする自動車がある中古車店に行きます

基準にした自動車のデザインや室内を良く観察して、それから多くの車種を見れば基準車より良い・悪いが判断できます

最初に基準にした自動車より良い自動車が見つかった時には、今度はその良かった自動車を基準にしてさらに次の車種を探しましょう

そうすることによってどんどん自動車を見る目が養われてきます

中古車店に行ってもすぐに決めるのではなく、他のお店にも行ってじっくりと検討しましょう

なら観光ドライブ情報

なら観光ドライブ情報(奈良国道)

長い歴史を物語る古社寺や遺跡、 自然が作り出す美しい風景を堪能することのできる奈良のドライブ情報
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。